07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pfand

環境先進国といわれるドイツですが、
残念ながら、特にそんなことを感じたことはありません。
ゴミの捨て方も大体ですし。

街には落書きがあふれ
煙草の吸殻があり…。
でも、日本と比べて落ちているごみの量は少ないかもしれません。
その理由の一つにPfandがあると思います。
pfand6
Pfandマーク

ペットボトル飲料を購入した際、
飲料代とともに容器代も同時に支払い、
空容器を持っていくと、
その分がバックされるシステムです。
なんで、街中に缶やペットボトルが落ちていることがまずないです。

近所のスーパーの空き缶読み取り機です。
pfand1
無駄にでかい機械。
もっとスマートにできないのかなと思ふ。

pfand2
こんな感じで飲み込まれます。

pfand3
BONを押すと、レシートが出てきます。
これを買い物の時に出すと、記載金額分割引になります。

pfand4
ビール瓶:0.08€
ペットボトル1L:0.25€
ペットボトル0.5L:0.15€

ちなみにインビスなど小型店舗では
店員に渡すと引いてくれるところもありました。

追伸
こちらのペットボトルは質が悪く
ふたを開けても、きれいに外れない。
なんでだ?!
pfand5
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 日常

コメント

なかなかいい考えですね日本でもやればいいのに

職人ワザ

ま、日本人のような、細かい仕事はできませんよ。きっと、ペットボトルのフタなんて、閉りゃあいいし、開きゃあいいんですって。

Re: タイトルなし

> なかなかいい考えですね日本でもやればいいのに
おれもそう思う。

Re: 職人ワザ

> ま、日本人のような、細かい仕事はできませんよ。きっと、ペットボトルのフタなんて、閉りゃあいいし、開きゃあいいんですって。
あと、文房具とか、台所用品とか(ラップ関係)の質も頭来るくらい悪いですよ。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。