07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィーン旅行3

甘いもの編

ザッハトルテ
小麦粉、バター、砂糖、卵、チョコレートなどで作った生地を焼いてチョコレート味のバターケーキを作り、アンズのジャムを塗った後に、表面全体を溶かしチョコレート入りのフォンダン(糖衣)でコーティングする。スポンジを上下に切り分けて、間にジャムを塗る場合もある。箸休めとして砂糖を入れずに泡立てた生クリームを添えて食べる。こってりとした濃厚な味わいを特徴とする。ウィーンのホテル・ザッハーの名物菓子であるが、今日では広く世界各地で作られており、チョコレートケーキの王様と称される(Wikipediaより)。

まず、ザッハトルテの生誕地であるホテルザッハーにて
ザッハトルテをいただく。

カフェザッハー
カフェザッハー
オペラ座の向かい側にあります。

カフェザッハー内部
カフェ内部
意外にせまい。

ザッハトルテ
オリジナルザッハトルテ

続いて、オーストリア王室御用達製菓店であるDEMELにて
ザッハトルテを食す。

デメル内部
デメル内部
一階は購買スペース、二階に喫茶スペースがあります。

デメルのザッハトルテ
DEMELのザッハトルテ
ウエイトレスは恰幅の良いおばちゃんでした。

個人的には、デメルのザッハトルテの方がしっとりしていて好きでした。
…日本のケーキってうまいんだなぁと改めて感じました。

その他、ウィーンには有名なカフェが多数存在しますが
時間の都合上、美術史美術館前にあるOBELRAAの支店へ。

OBERLAA
OBELRAA

OBERLAAケーキ
チョコレートケーキ
普通にうまかった。

続いて、食事編へ




スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 観光

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。