07 月<< 2011年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サビニープラッツにある
ドイツレストランに行ってきました。

ドイツ名物てんこ盛り。

ベルリン盛り
Berliner Alle(13€/人)
シュマンケールプファンドル(ソーセージ、ハム、ザワークラウトの盛り合わせ)
コールルーラーデ(ロールキャベツ)
ケーニヒスベルガークロプセ(ミートボール)
カリーブルスト
アイスバイン(豚もものボイル)


費用対効果がすばらしい。



スポンサーサイト
8/27(Samstag)は
年に2回のLangeNachat der Mussem
‘博物館の長い夜'でした(参照)。

職場の知人が参加するコーラスグループが
LangeNachtに合わせて
コンサートを開いたので行ってきました。

マタイ教会
マタイ教会
あいにくの雨。

コーラス
コンサート風景

入場無料。8曲30分の
短いクラシックコンサートでした。



  • このエントリーのカテゴリ : 日常
サイクリングの帰り
デッサウにあるバウハウス関連建築物の見学へ

バウハウス参照
ドイツのモダニズム建築に重要や影響を与えた建築学校だそうです。詳しくは参照

今回は時間の関係上
マイスターハウスMeister Houseのみ(入場料5€/人)
バウハウスで教鞭をとっていた教授たちの住まいだそうです。

マイスターハウス1
マイスターハウス2
マイスターハウス3
マイスターハウス
ネット検索すると、日本語訳で親方の家と出てくる。
まぁ、そりゃそうだろうけど、ちょっとニュアンスが違わない?と思ったり


建物は3棟。共通のチケットで入場可能。
残念ながら内部撮影禁止。
観光客とともに
建築の勉強をしているっぽい学生さんがちらほら。

なぜ世界遺産なのか、正直なところよくわからず…。
うちのアパートみたいだし。
きっと、華美な装飾建築から
機能的な建築へ移った分岐点的な感じなんだろうと納得させる。



  • このエントリーのカテゴリ : 観光
サイクリングをしに、
ヴェルリッツへ行ってきました

ベルリンから
電車でおよそ2時間
デッサウ郊外です。

デッサウからヴェルリッツまで約15kmの道のりです。

サイクリング
森の中
うま注意
馬でも可?

川から
エルベ川に架かる橋

目的地はヴェルリッツ公園
ヨーロッパでも屈指の大きさを誇るイギリス式庭園(112ヘクタール)だそうです。

公園
ヴェルリッツ公園
見物客の平均年齢高。世界遺産

白鳥
昼休憩中、白鳥に襲われそうになる

ドイツ人自転車好き。
国中にサイクリングロードが整備されています。
ここも走れるの?と疑いたくなるサイクリングロードもありますが。



  • このエントリーのカテゴリ : 観光
先日、韓国人のポスドク招かれ、
ディナーをごちそうになりました。

チジミや牛スープなど
いろいろごちそうになり
やはりアジア料理がいいなと再認識した感じで。

カメラ忘れ、様子は撮影できず…。

キムチ
お土産にもらったキムチ
友人の友人が漬けたらしい。
思ったほど辛くないけど、ニンニクが効いてる


やっぱりみんな国の味が恋しいらしい。



  • このエントリーのカテゴリ : 日常
ミルヒパン
Milchbrötchen
ミルクパン、最近のお気に(1.2€)



  • このエントリーのカテゴリ : 日常
番外編グルメ

スイスと言えば、フォンデュ。
フォンデュって、鍋料理のことだそう。

チーズフォンデュ
チーズフォンデュ(25CHF)
ワインが思ったよりも効いてます。
パンとジャガイモをチーズにくぐらせていただきます

ラクレット
ラクレット(12CHF)
これもチーズ料理。チーズフォンデュと違って
溶かしたチーズを皿に盛っていただきます。
チーズフォンデュよりもこっちの方がうまかった


レシュティ
レシュティ(20CHF)
ジャガイモ焼いたやつ。ほんとこの辺の地域はジャガイモばっか。

ジェラート
ジェラート(3.5CHF)
写真はバニラ。高いなぁ。

結論
やっぱり、日本っておいしいな。



続いて、ベルン。

ベルン州の州都でスイス連邦の首都でもあります。
人口13万人、スイス第4の都市で旧市街地が世界遺産に指定されている。

バーゼル-インターラーケンの中間に位置し、
バーゼルから電車で1時間程度。

ベルン市街塔から
ベルン市街地
大聖堂尖塔からの眺め

ベルン市街1
ベルン市街2
ベルン市街
ライン川支流アーレ川が市街地を流れる

牢獄塔
牢獄塔

からくり時計
時計塔

連邦議事堂
連邦議会議事堂

偶々ベルンに滞在した日が建国記念日で
議事堂内部に入ることが出来ました。

議会
エントランス

議事堂内部1
サロンルーム

議事堂内部2
議場
ヨーデルのコンサートがやってました

クマ園
クマ園
ベルンのシンボルがクマなんですって

そんな感じの、スイス旅行でした。
2泊3日しか滞在せず。
一つ一つの街は小さいけど、見どころは沢山あるかなぁ。
街中の観光も良いですが、
景色をゆっくり見るって言う方がスイスは良い気がします。
電車に乗っていて、山が見えるって言うのがこっちでは新鮮な感じがします。
観光立国だけあるのか、ホテルも空港も駅も基本的に親切で
イヤな感じがしない旅でした。
スイスなら住みたいかなぁとちょっと思った。
でも物価が高いのが難点。



  • このエントリーのカテゴリ : 観光
で、続いて
ブリエンツにある登山鉄道ロートホルン鉄道に乗り
ロートホルン山頂(2298m)へ

登山電車2
蒸気機関車
2両編成で100人乗り。山頂まで1時間

以下車窓から。
登山電車から5
登山電車から
登山電車から4
このあたりまでくると、木はほとんど生えていません。
その代わり、↓が現れます。
牛
牛が放牧されています。
線路を占領しているようで度々汽車が止まります。
その度車掌さんが牛を追い払うプチイベントが発生します


雲上
山頂からの眺め
正面にはべルナーアルプスの山々、
ユングフラウ、アイガー、メンヒが見えるはずです。
が、雲に隠れてよく見えません


で、おもしろいように生息する植物層が変わっていきます。
背の高い広葉樹や針葉樹から
1500m付近から、背の低い草花ばかりになり、
そのあたりからモウモウ達が現れます。

おまけ
金谷町
日本のスイス?たぶんSLつながり
何とブリエンツは、お茶の名産地金谷町と姉妹都市

おまけ2
ホテルから
ホテルのベランダからの眺め
ユングフラウがきれいに見えました

その4に続く



  • このエントリーのカテゴリ : 観光
続いてインターラーキンの東側
ブリエンツ湖の遊覧船に乗りました
隣町のブリエンツまで1時間半の船旅です。

遊覧船
遊覧船

遊覧船から
コバルトブルーの雪解け水

遊覧船から2
残念ながら天気が微妙

ブリエンツ
対岸に見えるのがベリエンツ

雪解け水が白濁しているのは石灰分が多いからだそう。
見た目は奇麗ですが、
栄養分が少なく魚が住むにはあまり適さないそうです。

その3に続く



  • このエントリーのカテゴリ : 観光
ハイジの故郷スイスへ行って来た。
結論から言うと
良いですよ、スイス。
高いってのが難点ですが。
ホテルのフロントも、電車の車掌も、
みんな親切なのが印象的でしたね、
大体感じ悪い国が多いけど。

今回は2泊3日で
インターラーケンとベルンを歩きまわりました。

ベルリン・ショーネフェルド空港から1時間半、
スイスはバーゼル空港着。

空港
バーゼル空港 EuroAirport (Basel- Mulhouse-Freiburg)
バーゼルはフランス、ドイツと国境を接しており、
場所としては隣接するフランスのミュールーズにあるんですって。
ドイツのフライブルクにも近いので「バーゼル・ミュールーズ・フライブルク空港」という名前も。


バーゼル駅
バーゼル駅
空港からバスで15分
小じんまりした駅


バーゼル駅ホーム
ホーム
ドイツやフランスからの乗り入れも
実際今回途中まで乗った車両はドイツ鉄道


ベルンを経由してインターラーケンまで、
電車で2時間

車窓から
車窓から

インターラーケン
「湖の間」って意味の小さな町。
ベルナー・オーバーラント(ベルン高地)観光の拠点。

ブリエンツ湖トゥーン湖
インターラーケンはブリエンツ湖(左)とトゥーン湖(右)の間にある。

インターラーケン駅
インターラーケン駅
観光客多。特にインド人と中国人が。

看板
町の中心
でもスイスは日本人観光客多いです

日本庭園
だからか、街中には日本庭園が。
そのうち、中華庭園やタージマハール風も出来るんじゃなかろうか。


その2へ続く



  • このエントリーのカテゴリ : 観光
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。