03 月<< 2010年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はこちらに来てはじめてのお給料
日本と同じで、
封筒に入って明細がやってきた。

明細はドイツ語だらけでよくわからんが、
手取りの金額は瞬時に判断できる自分がいた
思っていたよりも少なくてがっかり
というか、税金が高!
4割って、4割?!
支給額は日本よりも多いけど
手取りになると、ガクンと減っちゃうね。

この金額がどの程度なのか疑問に思い、
さっそくググってみると、
う~ん、まぁ、ドイツ人の平均並みにはもらえているようではある。
地域差はあるみたいだけど
他の大学のポスドクも同じくらいみたいだし。
そういえば、契約するときにドイツの研究者のお給料は
そんなによくないと言ってたなぁ。
...ほんとかどうか定かではないけど。

ドイツ人も今日は給料日だから!とかいって
飲みに行ったりするのかな。
来月あたりに観察してみよふ。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 日常
4月25日(日)

今日は快晴。
昼からポツダム観光へ。
今日の目的地はツェツィーリエンホーフ宮殿
第二次世界大戦のポツダム会談の舞台になった宮殿です。

ツェツィーリエンホーフ宮殿
ツェツィーリエンホーフ宮殿
ポツダム市街地からバスで10分弱。
歩いても2km弱で着きます。


こじんまりしていて、宮殿というよりも別荘って感じです。
内部の見学もできます(日本語オーディオガイド付きで6€/人)。
宮殿周辺は公園になっており、良い散歩コースです。
すぐそばには湖もあります。
童話って感じがして、
個人的にはサンスーシーよりも好きです。

市街地のカフェで一服して帰路へ

アッフェルシュトゥルーデル
アッフェルシュトゥルーデル
ドイツの名物らしい。
リンゴ・レーズン・ナッツが入っていました。甘い。
  • このエントリーのカテゴリ : 観光
4月19-23日(月-金)

今週は動物実験のライセンスを取得しに、
ベルリンまで出かけて行きました。
月に一回は講習会があるらしいのですが、
英語でやる講義が今年この1回だけしかないとか言われ(その他はドイツ語)、
無理やり押し込まれました
ハンブルグやケルン、フランクフルト等
ドイツ中から非ドイツ語圏出身の学生・研究者が集まっていました。
日本人は管理者1名だけでした…。
研究所からも一人で完全アウェー。

内容はなかなか興味深く
麻酔、解剖学、病理、手術法、飼育法、倫理等の座学から
ハンドリング、解剖・縫合などの実技まで幅広く網羅していました。
浅く広くでしたが、改めて勉強になりました(正しいi.p.の方法とか)。

テキスト2
テキスト
月-金の9:00-19:00で、かなりハードでした。
HanakoさんやP-sakuさんにはまたお見せしますね。


そもそもドイツは、
動物実験に対する倫理規定が非常に厳しく、
いくら海外で動物実験をやっていたとしても、
ドイツ国内のライセンスを取得していないと動物実験ができないということでした。
何より実験の審査を行うのが、学校内の倫理員会ではなく
州政府に設置された倫理員会によって審査されるということでした(最短でも審査終了まで3か月以上…)。
そして、実験計画書の細かいこと細かいこと。
実験動物を無駄に使用することには反対ですが
ちょっと向かってるベクトルが違う気もしました。
実際、同じように思ったのか、
倫理の授業は非常に白熱していました。
フランスの大学出身の学生さんが言うには
「ドイツはめんどうだ。フランスはこんなんではなかった。」
とのことなので、EU圏内がすべてというわけではなさそうです。

最後にはペーパーテストもありましたが
軽く?合格し、無事終了証明書を取得できることができました。

終了証明書
終了証明書
参加料800€/人!
ドイツに来て一番うれしかったです。


追記
全篇英語だけで、まぁ疲れました。
あんなに激しく英語で議論できるくせに
ペーパーテストとなると辞書を片手に、
「しょうがない。英語は僕らの母国語じゃないから。」って言う彼らがよくわかりません。
やっぱりしゃべるのと読み書きは別物なのかなぁと思った講習会でした。
  • このエントリーのカテゴリ : その他
今週末はとてもいい天気なので、
近所へ散策に出かけました。

天気はいいけど
ほんとなにも無い…。
堆肥のにおいがするから、
家畜がおるんだろうねぇ。

農村
牧歌的風景


堆肥のにおいで思い出したが、
トイレ生活で思ったとこと

1. 小便器の位置が高い
脚長いしねぇ。全然、余裕だけど。
2. 便座がないときがある
どうやって、使用するのか、いまだ正しい方法が分からない…。
3. トイレにコンドームが売っている
なぜ?飲み屋ならわからんでもないけど、普通のカフェとかにもあるからねぇ。
4. 大抵利用料がとられる
まぁ、きれいにしてくれてるからいいけど。
5. 紙質が悪い
頻繁に利用する人間にはきついね。
  ティッシュも堅いし…。

ドイツに限らず、ヨーロッパは基本的に当てはまっていたなぁ。
こんなところにも文化の差が。



  • このエントリーのカテゴリ : 日常
4月17日(土)
今日は久しぶりに朝から快晴
ポツダム観光に出かけました。

ポツダムには、世界遺産であるサンスーシ宮殿があります。
1745-47年にかけて作られたそうです。
日本語で無憂宮と言うそうです。

宮殿がある場所一帯が公園になっており、
観光客だけではなく
近所の人がランニングしたり、散歩したりしていました。

サンスーシー宮殿
サンスーシ宮殿

オランジュリー
オランジュリー
(柑橘系の植物を育てるための)温室という意味だそうです。
実際、いろいろな植物を育てておりました。

新宮殿
新宮殿
サンスーシよりも少し新しい時代に作られた宮殿

全部まじめに観ようと思ったら、結構かかります。
290haもあるそうです…(=_=)


その後、ポツダム市街地へ
ポツダムにはオランダ人街があります(宗教改革の際、プトテスタントの一部がこの地に逃げてきたそうです)。
赤レンガの建物が続く、小洒落た感じの地区ですが、
そこで偶々、チューリップ祭りをしていたので寄り道を
入場料が3€/人…。

チューリップ祭り
入口

かなりの数の観光客。
出店がたくさんありました。

チューリップ屋
チューリップ屋

Poffertjes
Poffertjes
ミニホットケーキのようなお菓子
大量の粉砂糖とバター、好みによってアルコールをトッピングできます。

今日もよく歩いたなぁ。
  • このエントリーのカテゴリ : 観光
自分の勤めている研究所では
非ドイツ語圏から来ている研究者を対象に
ドイツ語のレッスンがあります。

先週から行き始めたのですが、
1時間程度であろうと思っていたら
3時間もやらされました。

研究所全体で職員・学生が300人程度いるそうなのですが、
メーリングリストに登録されているのは10人弱。
先生によると、実際コンスタントに来ているのは2-3人だそうで
今日は来てくれてありがとうと言われてしまった。
いっぱい宿題も出されてしまい、
行かざるを得ない感じになってしまった
英語でさえ微妙なのにドイツ語を習う余裕は…。
まぁ、できる範囲でがんばろう

ドイツ語テキスト
ドイツ語のテキスト
17€
  • このエントリーのカテゴリ : 日常
ドレスデン観光(4月3(土)‐4日(日))

ついて早々イースターホリデー。
イースターホリデーがなんなのかよくわかりませんが
とりあえず休日です。

折角なので、ドレスデン(Dresden/ドイツ東部ザクセン州)に観光へ
ベルリンからEC急行(ヨーロッパ都市間急行)でおよそ2時間

EC急行
EC急行

ドレスデン到着
エルベ川(チェコを水源にドイツ・ハンブルグまで流れる1091kmもある国際河川)周辺が世界遺産ということで観光へ

駅周辺は新しい建物が多いけど、
この辺りは古いな。
さすが世界遺産。
オペラ座
ゼンパーオペラ(ザクセン州立歌劇場)
ヨーロッパでも指折りのオペラ座らしい

ドレスデン城壁画
君主の行列(ドレスデン城城壁)
氏曰く、前から4番目がN氏らしい…。

チーズケーキ
カフェ・シンケルヴァッヘ
某、黄色い有名観光ガイドに載っているお店。
チーズケーキ(Eierschecke)がお勧めということで食べてみた。
下地がタルトでなくパン。甘い。
キルフェボンの方が好きだな。


ついでなので、マイセン(Meissen)まで遠征
Sバーンでドレスデンから西へ30分ほど

マイセン街並み
エルベ川川岸から望むマイセン市街


マイセンと言えば、マイセン陶磁器
ということで、マイセン陶磁器工場へ
ここでは、古い陶磁器や工場見学ができます。

マイセン工房
マイセン陶磁器工場見学
成型から絵付けまでを分かりやすく見学することができます(日本語ガイドあり)。
見学者の平均年齢が高く、日本人も多かったです。

カフェ
マイセンカフェで一服

補足
・ドレスデンの世界遺産は「景観を壊す橋の建設」騒動で歴史遺産取り消しになったらしい。
・マイセン陶磁器はヨーロッパではじめて成功した白磁で、剣のマークの書き方の違いで製作年代を特定できる。










  • このエントリーのカテゴリ : 観光
4月10日(土)

ようやく週末に。
慣れないドイツ生活にどっと疲れが…。

引越荷物の中に独和辞書等が入っており(失敗!)
日常生活に不便を感じたので
独和・和独辞書を購入するために
観光がてらベルリンの本屋へ。

他にも本屋がいろいろあるのかもしれないが、
よくわからないので
某・黄色い有名ガイドブックに載っていた
ドゥスマン(Dussmann)へ

なかなかでかいが、
結局ちゃんとした辞書は見つからず…。
辞書フロアーの日本関係の本が思ったより少なく、
ちょっとショック。


ついでなので、カフェに行った。
Fridrich Str.駅から少し北にある
カフェ・ノーベンバーにて遅い昼飯。

シュニッツェル
ヴィーナー・シュニッツェル
これはどこに行っても大体うまい。

今日は天気が悪く、雨が降ってきてしまった。

裏通りでマーケット発見
こういうのがヨーロッパぽいな。

マーケット
マーケット
オレンジ、キュウリ等を購入

追記
・ベルリンで無印発見!だいぶ高いが、なぜかホッとした。いろいろ買ってしまった…。


  • このエントリーのカテゴリ : 観光
折角、ドイツに来たので、
ブログを開設してみようと思ふ。
  • このエントリーのカテゴリ : その他
 

検索フォーム

 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。